【電話番号】
0836-22-8808
緊急往診は夜中でも実施します。

ひらき内科は外来診療と在宅医療に頑張ります

一般内科の診療と併せて

長年、大学病院で神経難病の診療に従事していました。
筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、パーキンソン

訪問診療への注力を診療の柱と考えています。

長年、大学病院で神経難病の診療に従事していました。
筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、パーキンソン

ひらき内科からのお知らせ


当院での診療内容

①一般内科

高血圧、生活習慣病、呼吸器疾患、多汗症治療(ボトックス治療)

②神経内科

神経難病、脳血管障害後遺症(ボトックス治療含む)、神筋経疾患

③健康審査

特定健診、高齢者検診、肺がん検診、大腸癌検診、会社検診、特定保健指導

④禁煙外来

⑤自費診療

男性型脱毛症、インポテンツ
※予防接種は事前に予約が必要です。
長年、大学病院で神経難病の診療に従事していました。
筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、パーキンソン病、多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、進行性筋ジストロフィー症など様々な神経疾患の診療をおこなってきました。
ながい期間これらの難病にくるしまれておられる患者様が、ご自宅で、より良く過ごされるお手伝いをさせて頂きたいと考えています。
一般内科の診療と併せて訪問診療への注力を診療の柱と考えています。ひらき内科 院長:山本 浩二(やまもと こうじ)